文豪界きってのクズ・太宰治に学ぶ「人間合格」って何? | 青春エイリアンズ商店日記

文豪界きってのクズ・太宰治に学ぶ「人間合格」って何?

日本文学の傑作「人間失格」を書き、昭和の文豪界きっての”クズ人間”としても知られる太宰治。

 

不倫、酒、借金、クスリ、そして入水自殺まで、なんでもやった。

 

そして、超有名なこのベストセラー作家の人生には、坂口安吾の「堕落論」が多大な影響を与えていたこともよく知られている。

 

なぜ太宰は、堕ちるところまで堕ちたのか?

何が、太宰の堕落の原動力となったのか?

太宰にとって「堕落」とはなんだったのか?

 

「堕落論」が書かれた戦後日本という時代背景を考察することで、「人間失格」に隠された真の狙いが見えてくる。

 

今回は、WEEKLY響社長第56回「太宰治の地球人失格論〜人間失格が現代人の聖書になる理由〜」お試し視聴その①から。

以下、要点まとめ!

 

・太宰治と坂口安吾は「超マブダチ」で、めっちゃ影響を受けていた

・太宰が影響を受けたのは、戦後の名作「堕落論」

・太宰の「人間失格」は、坂口安吾の「堕落論」の実践版だった!

・つまり、「人間失格」とは「堕落論パート2」だった!?

・「人間失格」に隠されたメッセージは、「人間合格ってなんなのよ?」

・だから人間失格とは、太宰治の「遺書」ではなく、戦後の昭和日本への『挑戦状』だった!

 

本編はコチラでどうぞ〜!^^

 

――――――――――――――――
青春エイリアンズでは、カラダのプロ・響社長がお金のこと、経済のこと、科学のこと、歴史のこと、宇宙のこと、キミが暮らすこの星にまつわるあらゆる疑問を、キミの大切なそのカラダと結び合わせて教えてくれる。
そんな世界でたった一つの「叡智(えいち)」が学べるオンラインの学校です。

東洋医学を極めた響社長から、キミが本当に学びたかった、この世界の違和感の正体を教わろう!
続きは、青春エイリアンズでお待ちしています!(^^)