アイドルにハマる理由と脳科学の罠~8つの心理的特徴~ | カラダト

アイドルにハマる理由と脳科学の罠~8つの心理的特徴~

アイドルにハマっている人は周りに一人はいませんか?

「推し活」という言葉が2021年の新語・流行語大賞にもノミネートされたりするほどですし、

女性も男性も性別に関係なく、アイドルを応援することがもはや「生き甲斐」なっている人も多いはずです。

でも、どうしてそこまでアイドルを好きになるのか不思議じゃないですか?

そんな疑問から調べていくうちにわかったこと、それは・・・

 

人々がアイドルにハマる理由

さて、皆さんはアイドルにハマったことがありますか?

今回筆をとらせていただいている私も何を隠そうアイドルにハマっていました!

ドはまりです(笑)

推しのCDは買ったし、ライブにも行ったし、チェキだったり、グッズを集めたり、ヲタ芸やMIX(掛け声)なんかもしてました…

(遠い目をしてるが結構最近の話)

そんなヲタ出身からみても、アイドルにハマるのにはいくつか理由があります。

しかも、それはとても脳科学的・心理学的なお話だったりするんですね。

今回はそれをご紹介していきたいと思います!

 

その1:ドーパミン

学校、会社、日々のルーティーン。

与えられたレールのような日常生活を安穏と送っていると人生はだんだんと無味乾燥になります。

そうすると、人はなんらかの刺激を求めるようになりますよね。

その最たる行動が「自分のタイプの異性を見ることで、その欲求を満たそうとする」こと。

タイプの異性を見ると脳内では快楽ホルモン「ドーパミン」がどっぱどぱと分泌されます。

 

特に男性はそれが顕著だとか。

太古の昔より、男性は安心して子どもを産んでくれる女性を、身体のラインで判断していたといわれます。

視覚情報優位なのは今も変わらず、実際に会っていなくても画面の向こう側のアイドルに性的欲求を募らせることができてしまうのだとか。

「目の保養」などとよく言いますが、それだけで脳内では快楽ホルモンどっぱどぱでやめられないのが男性の悲しい性でもあるわけです。

 

その2:疑似恋愛

これは女性に多いといわれます。

アイドルや俳優のファンになることは、恋愛と似た状態を生み出します。

例えば、韓流スターに熱狂しているマダムたちは、みなさんキラキラと目を輝かせて、さながら恋する乙女のよう。

 

というか脳内では実際に「恋をしている状態」!

 

先ほどの「ドーパミン」に加えて、女性ホルモンの「エストロゲン」が分泌されます。

そのホルモンの影響で美肌をつくる働きや髪の毛を美しく保つことができたり、心身のストレスが解消されたり、元気になったりするのです。

恋をすると女性はキレイになるといいますが、それはとても科学的な仕組みなわけです。

「推し活」の効果もここが素晴らしいところですね!

 

ただ少し残念なことに、この種の燃えさかるような情熱的な疑似恋愛においてはセロトニン濃度が低くなるという特徴も報告されています。

 

その3:欲求不満

彼氏彼女がいるのにアイドル好きという人もいます。

この場合、性欲というより、欲求不満からくる孤独感や不安の防衛反応としてアイドルを好きになるという状態になっています。

今の生活や現状に満足がいかないことを、アイドルという理想を描くことでストレスを解消しているんですね。

 

その4:アイデンティティ

これは上の欲求不満と同じ部類かもしれません。

「アイドル好き」を自分の個性にしようとしてアイドルにハマるタイプもいたりします。

「マイナーアイドルが好き」、「サブカル好き」、「実はアイドル好き」というギャップ狙いなどなど、自分の個性として振舞えるがゆえにハマる人も中にはいるようです。

 

その5:投影

脳科学・心理学用語で「投影」という言葉があります。

 

投影:自分の悪い面(良い面)を認めたくないときに他人に悪い面(良い面)を押し付けてしまう心の働き

 

アイドルは「思春期で伸びしろの大きい可愛い女の子(男の子)の成長物語」です。

アイドルが夢に向かえば、市場で戦い、傷つくことになります。

それは、お茶の間にいる私たち自身が市場で傷ついていることとリンクしているわけです。

 

「この社会で諦めずに自分の魅力を発揮したい!だけど、それはたくさんの辛さを生み出す。」

諦めたくない自分と、それを認めなければ楽をできるという間で葛藤する中、

頑張っている子が画面の向こうにいる!という状態が、投影を生み出すわけです。

 

それはある種『頑張っている人を応援したい!』と言いながら、自分の現状から逃避する構造でもあるわけですが、アイドルから元気をもらった分、たまには「成長したい自分」を認めてあげてもいいかもしれませんね。

 

その6:ザイオンス効果(単純接触効果)

ザイオンス効果という広告業界の考え方があります。

 

ザイオンス効果:人間の、ある対象への好感度は、その対象との接触回数に依存する

 

ザイオンス博士の実験によると、「顧客と商品(または商品に関する情報)の接触回数が3回を超えると顧客が商品の存在を認知し、7回で商品を手にとり購買を検討する」というデータがでているそうです。

つまり、YOUTUBEやテレビCMのアイドルの露出が、ある種のマインドコントロールになっているわけですね。

これこそ、国民的アイドルがつくられるカラクリといっても過言ではありません。

実際に、様々な企業とコラボしてCMやテレビ番組に大量に露出したり、アイドル本人と握手できることを売りにして、アイドル界のトップに君臨したあの国民的アイドルグループは、まさに「マーケティングアイドル」だったりするわけですね。

 

その7:サブリミナル効果

これまた脳科学・心理学用語です。

 

サブリミナル効果:ある知覚刺激が非常に短時間であるなどの理由で、意識としては認識できないが、潜在意識に対して一定の影響を及ぼすことができる効果のこと

 

広告でも良く使われる手法だったりします。

アイドルでいえば・・・

ダンス+ミュージックでリズミカルさ。

ダンスなどのボディーランゲージ。
吸い込まれそうな笑顔。
こういったノンバーバルサインが、曲・歌声、PVの世界観と相まって、波状に潜在意識へ働きかけます。

 

するとだんだんと、「何かいいかも~、なんとなく観たい、聴きたい」となっていき、

さらには「みんな聴いてるし~、歌ってるし~」となっていき、

いつの間にかザイオンス効果まで生まれ始め、

惰性の消費を生み出し、その消費がさらに消費を生み、

かけた時間の分だけ脳に刷り込まれた愛着が、本当は欲しいと思っていなかったものを求め始める・・・

 

といったことも考えられますね!

 

その8:暇

アイドルに気を取られる時間があるからハマるんです。

そんな時は、その1分を他に費やすのも嫌になるくらい人生をかけてやりたい何かがみつかっていないのかも…

だからハマる!なんて見方もできますね。

 

脳の罠?~リアルと仮想の境目はどこへ~

以上8つのパターンのいずれか、または複数が織り交ざって人々は、アイドルにハマっていきます。

この8つをみていて共通点に気づきましたでしょうか?

 

それはどれも視覚・聴覚情報ばかりで脳が作り上げた虚構ということです。

目と耳。つまり「見る・聞く」の2つだけでも脳は快楽を感じることができます。

相手が目の前にいなくても。そこに実際の交流がなくても。

自分の抱える満たされない脳の渇きを、虚構によって埋め合わせることができてしまうわけですね。

それはまさに「偶像」=アイドル。

つまり、アイドルにハマるのは脳の仕組みのせいともいえるんですね。

 

ベストセラー『サピエンス全史』でもふれられていますが、頭は虚構を造り、その虚構を信じる能力で文明を築いてきたわけです。

それは宗教=神を崇拝していく構造でもありますし、わたしたちが「お金」というもので経済を回せる理由でもあります。

 

しかし、その脳のしくみにこそ、「脳の罠」ともいうべき、人類の限界が隠されていたりもします。

それは・・・

 

脳の罠にハマるとリアルが満たされないことです。

 

つまり脳は、ひとりぼっちに頭の中の快楽は生み出せますが、

チームでお互いの魅力を発揮し合い、何かを成し遂げ、

肚の底からわいてくる「生きてて良かった!!!」に出会えないことです。

カラダを持ち合わせて人と触れ合う本当の満足には遠く及びません。

 

脳の思い込みにしばられ、リアル=生活がしばられると、

それは一種のマインドコントロールですから、

人生の大事な時間を、本心ではどうでもよいと思っている時間に費やすことになりかねません。

 

簡単に言えば人生の満足度を下げます

実は損しているんじゃない?という単純なお話なんですね。

 

あまりにもアイドルにハマっているなら、脳の罠にしばられているなら問いかけてみください。

「忘れてませんか?人のカラダの”ぬくもり”を」と。

 

リアルと仮想の境目がわからなくなり、ひとりぼっちで地味に暗くなるよりも、

カラダをつき合わせて、凸凹を認め合いながら、チームでカラフルに!

 

脳の罠を抜け出すヒントは、間違いなく「カラダ」です!

まずはあなたのそのカラダから自分を知ってみてはいかがでしょうか?

カラフルで広いリアルが、カラダの向こう側に待っていますよ!

ブナンじゃないLINE
平日の続きじゃない「わたし」がカラフルに生まれるもう一つの湘南
湘南プレボ