【体癖9種】天才?変人?集中しだすと止まらない!誰より仲間想いな直感本能タイプ!性格特徴と相性も | カラダト

【体癖9種】天才?変人?集中しだすと止まらない!誰より仲間想いな直感本能タイプ!性格特徴と相性も

「あいつ集中力ハンパないな」

「本質を突いてくるな~」

「天才的なインスピレーションだ…」

そんな印象を周囲に与える人種がいます。

体癖9種、骨盤型・陽極「くるみタイプ」です。

その特徴は、上にキュッと引きあがったお尻

そして全体的にコンパクトで緊張感のただよう雰囲気

「くるみ」のようにギュッと圧縮された印象がその最大の特徴です。

 

有名人では、安室奈美恵さん、明石家さんまさん、タモさん吉沢亮さんなど。

アニメだと、ハンター×ハンターのゴンみたいな印象です。

 

今回は、そんな体癖9種、骨盤型・陽極の「くるみタイプ」

感受性の傾向、長所、魅力、才能、また弱点や判別方法(見分け方)

さらに似ている有名人や、「恋愛相性」や「仕事の相性」をご紹介していきます!

 

体癖9種(くるみタイプ)の雰囲気と見た目の特徴

画像3

体は小さいのに、意外とガッチリしていて、

お尻がキュッと縦に引き上がっています。

直感的な素早さがあり、その鋭い感じが緊張感となって漂います。

 

「自分は9種くるみタイプかな?」と思った方は、

無料体癖診断アプリがありますので、コチラもどうぞご活用ください!

無料LINE登録していただくと、いつでもメニューから無料体癖診断できます。

 

☝ぽちっと無料LINE体癖診断にとびます☝

 

体癖9種(くるみタイプ)の特徴

見た目の特徴は?

  • お尻がキュッと引き上がっている
  • 全体的に引き締まった印象でX脚も多い
  • コンパクトな雰囲気
  • 着痩せするタイプだが、脱ぐと意外と胸板が厚く強靭

長所と才能は?

  • 一点集中好き
  • 職人肌ピカイチ
  • 誰よりも素早く一点集中する「集中力」と「探求心」
  • いつも真剣に本質的なことを追求している別格な人
  • 極度の集中から冴えわたる直観
  • 「これっきゃない!」で生きている
  • 一瞬の察知力で即座にものごとを考えようとする
  • 話す行為や書く行為とかが間に合わないほど、内側では速い
  • 爆発的かつ持続的な激しさ(野生の勘)を持つ
  • ある一つのことに自分の一生を賭けて、いのちを賭けて貫き通している
  • 天才と狂気の紙一重
  • 本質本質本質、の本質フェチ

短所と欠点は?

  • 自らの感覚を「言葉にする」のはニガテ
  • 頭で考えて動いているわけではない
  • 完璧主義な性格で、24時間まったくスキがない
  • 「羞恥心」が強い。本心を隠す天才
  • 相手に「察してほしい」と思っている
  • 自分でも自分の感覚を言語化できていないことも多いため、周囲に理解されずにすれ違うことも多いでしょう

得意な動きは?

  • 骨盤をしめる運動
  • ジョッキーのように馬乗りする動き

くるみ型(9種)に向いてる仕事、向いてない仕事

  • 向いてる仕事【孤高さが要求される仕事全般】
  • 避けた方がよい仕事【保守的で深さや本質性が要求されない仕事全般】

 

体癖9種(くるみタイプ)あるある

その1.『なぜこの人はこのような事を言うのだろうか・・・』と隠れた本質を読み取ろうとする。

 

 その2.完璧主義。一点でもダメだったら全部ダメ。

 

その3.自分の深いところにある本心を隠す天才。

 

その4.気づいてますよ〜。なんてアピールされると絶望的に萎えてしまう。サラっとやってくれ!

 

その5.狭い所、隅っこが安心するし好きだ。

 

その6.色々な生活用品ストックを常に備えてある。

 

その7.寝食忘れて何かに打ち込むことがよくある。

 

その8.ダンゴムシみたいに小さく丸まって寝る。

 

その9.鋭い感性と深い奥行きゆえに「言葉にならない」「伝わらない」もどかしさがある。

 

その10.ノートの取り方が圧縮されまくっている。

 

くるみ型(9種)の有名人

  • 我妻善逸(鬼滅の刃)
  • ゴン(ハンター×ハンター)
  • 日向翔陽(ハイキュー‼)
  • 緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)
  • 吉沢亮
  • 佐藤健
  • 広瀬すず
  • 安室奈美恵
  • 明石家さんま
  • タモリ
  • 小泉今日子
  • 鬼塚ちひろ

 

9種は究極の「集中」型

職人肌ピカイチで、誰よりも素早く一点集中する「集中力」と「探求心」を備えている9種「くるみ」タイプさんは、いつも真剣に本質的なことを追求している別格な人ですね。

9種「くるみ」タイプさんの極度の集中からの冴えわたる直観は「インスピレーション」といってもいいでしょうね。

それくらい、ものすご〜く「集中」できます。ギュっと「集中」し出すと、それがずーっと続いていく

それが「究極」とか「一点集中」って感じの、ちょっと狂気的な集中なんですよ。

 

キーワードは「これっきゃない!」

だから9種「くるみ」タイプさんは、「これっきゃない!」に生きています。

自分で「こう!」と決まったらもう動かない、ものすごい一途さがあるんですね。

そしてそのために、ものすごい労力を投入していきますよ。それはもう、自分の全部のエネルギーを捧げ切るみたいな、強烈なやり方ですね。

中途半端というのは9種「くるみ」タイプさんにはあり得ないのです。

常にパーフェクト、パッと感じて、「もうそれっきゃない!」となる。

 

9種は「内側で」速い!?

なにかを決めるにも、内側でものすごく速いんです。「野生の勘」みたいなものが働くんですね。

生き方はかなり「直感的」ですよ。そしてこれがまた的を得てるんです。

一瞬の察知力で即座にものごとを考えようとしますから、なんかもう理屈じゃない。そういう話す行為や書く行為とかが間に合わないくらい、内側では速いんです。

こういう直感的な「速さ」を9種「くるみ」タイプさんは感じているんですね。

話をしていても、言葉が間に合わない。話を聞いていても、ぜんぶ聞き終わる前に、もう自分の考えがまとまってしまっている、みたいな。

そういう爆発的かつ持続的な激しい「野生の勘」を持っていますね。

 

「集中」こそが9種の幸せ

そしてそこに対して、ぎゅーっと「集中」していって弛まない。スキが全くない感じになっていきます。

だから昔気質の職人さんには、9種「くるみ」タイプさんがすごく多いんですよね。

9種「くるみ」タイプさんが一番幸せだと感じるのは、ある一つのことに自分の一生を賭けて命を賭けて貫き通している、または深く追求しているようなときなんです。

もう「そこに全宇宙がある」みたいな、そういう極度の集中状態。それこそが9種「くるみ」タイプさんがもっとも輝く瞬間なんですね。

そういう時の「集中力」や「濃密さ」、そういうものに対して幸せを感じてきました。

はたから見ていても、そういう時の9種「くるみ」タイプさんはものすごく魅力的ですし、もはや狂気的な輝きを放っています。

一種の「天才」が発揮されている瞬間なんですね。

 

9種の仕事は「命がけ」!?

「天才と狂気の紙一重」のようなところがありますから、その持ち味がうまく生きてくるような「これっきゃない!」を見つけられると、9種「くるみ」タイプさんは影でものすごい努力をして、しかもそれを誰にも悟られることなく飄々としていたりもしますね。

あと、「命がけの職業」というのも9種「くるみ」タイプさんを輝かせます。

中途半端じゃダメなんです。

高層ビルの清掃員とか、鳶職とか、レスキュー隊救急医療の現場など、ほんとうにギリギリの命がけの場面でこそ輝きを放つのが、9種「くるみ」タイプさんだったりするんですね。

 

9種は「言葉にする」のがニガテ?

本能的な直感がものすごく強いし、それがあなたの生きる指針ですから、どうしたって自らの感覚を「言葉にする」のはニガテです。

そもそも言葉を超えたところで感じたことに対してサッと体が反応し動くタイプですからね、自分でも「なぜこう動いたのか?」が分かっていなかったりするわけですよ。

だって頭で考えて動いているわけではないんですから。

だからこそ天才的な仕事をしたり、世の中で偉業と言われるような業績を残したりするんですよね。

「直感」や「インスピレーション」と呼べるものでしか、捉えられない領域というものがありますから、そういうものを9種「くるみ」タイプさんは捉えることができるんです。

誰もが見つけられなかった数式や法則「人間とはなにか?」「宇宙のはじまりは?」みたいな究極の問いを「一瞬の洞察力」で察知し捉えることができてしまうし実際にやってきた体癖さんです。

 

9種は究極の「職人」タイプ

だから職人的な気質というのがあって、言葉で細かく説明するのは苦手な人が多い。

そうなると、人に教えるときには苦労するんですね。

「なんでそんなことができるんですか?」と聞かれても、「シュッとしてバーン!だよ」みたいな答え方になっちゃったり。

とにかく「直感」を言葉にするのは難しいわけです。

また、自分でも自分の感覚を言語化できていないことも多いですから、周囲からの理解を得られずにすれ違うことも多いでしょうね。

またそれでも耐えられちゃう「孤高さ」を持っているのが、9種「くるみ」タイプさんだったりするんですけどね。

 

9種はとにかく「スキがない」

性格は「完璧主義」で、24時間まったくスキがなかったりしますから、そばにいる人たちにものすごい緊張感を与えていたりもしますね。

いるだけでピーンと張り詰めたような空気感に自然となっちゃう。これはもう仕方のないことです。

9種「くるみ」さんがその空間に入ってくると、とたんに「誰もしゃべらなくなる」みたいなことが良くあります。

逆に、いるだけでいぎやかになるのは、3種「なで肩」タイプさんとか、10種「くりせんべえ」タイプさんとかですね。

骨格によって、いるだけで空気が変わってしまう。これも体癖の面白さですね。

 

9種は「本心」を隠す天才?

そして実は誰よりも「羞恥心」が強いのも、9種「くるみ」タイプさんなんです。

これも本能的な動きなんでしょうね。「本心」を悟られるのを本能的に避けたがる。自分の本心を隠す天才なんですね。

そして、決して自分を大きく見せるようなことは言わない。いつも自分のことは「奥に奥に」差し引いて言う

そういう「慎み」を持つのが9種「くるみ」タイプさんでもあります。

 

9種は「察してほしい」

基本的には相手に「察してほしい」と思っていますから、そういう言葉以前のコミュニケーションが大事になってきますね。

だけど残念ながらその「察知能力」は9種「くるみ」タイプさんに特有のものだったりします。

他の体癖さんたちには、それができないんです。

そこに孤独を感じることも多いのですが、それにも耐えられるだけの「孤高さ」をあなたは持ち合わせてもいます。

 

9種はとにかく「本質」フェチ

やっぱり9種「くるみ」タイプさんの生き方は「これっきゃない!」を貫くことにあると言えるでしょう。

「本質本質本質」の本質フェチです。

そこに向かって、ギューッとどこまでも集中して弛まない、ある種の「狂気性」を大切にしてください。

そういう意味では「時間のかかる人」なんですよ。

割り切れないことがすごく多いし、それでいい。頭では分からないことが分かっているんですから。

そうしてそのための「忍耐力」や「持続力」を、生まれながらにピカイチで持ち合わせてもいるのがあなたなのです。

 

テキパキと手際がよく、集中力の高いくるみ型。

この体癖9種(くるみタイプ)の一点圧縮力は武器でもありますが、

そんな思い込みの激しさがいきすぎてしまうと、

周りが見えなくなって押し付けになってしまうこともしばしばです。

 

そんな周りを置いてけぼりにして暴走気味のくるみさんがいたら、

何かの拍子に不意にさりげなく暗に示してもらえると、察知力の高いくるみは自ら修正していくことができます。

1から10まで説明したり説得しないで、あくまでもさりげなく

 

そして、くるみ的な感性が素直に発揮できた時には、何が起こっても相手に負担をかけないように常に周りの人に気を配れるになれます。

でもくるみの人達は『自分がよいことをしました』というのをひけらかしたくないので、

「まさか裏ではそんなことしてくれてたの!?」なんて後々驚かされる場面も多かったりします。

 

体癖9種「顔・くるみ」の特徴

顔にも「体癖」があるのを、ご存じでしょうか?

9種「くるみ」タイプさんの顔つきと、その考え方はこんな感じです!

9種の顔つきの特徴

  • 顔のパーツが真ん中にきゅっと集まっている
  • 顔が小さい
  • 目と目の距離が近い(寄っている)

9種の考え方やアウトプットの特徴

  • 「これっきゃない!」に集中したい
  • 本質を語りたい
  • 「これ!」という一点を見出したい

9種顔の主な有名人

  • 有吉弘行さん
  • 前田敦子さん
  • 山田孝之さん
  • 広瀬すずさん
  • 土屋太鳳さん

 

「体癖を学んだけど、なんか自分の感覚とピッタリはまらない気がする」

それはもしかしたら、アナタの「体」と「顔」の体癖が違っているからかもしれません。

コチラの記事では、このあたりを実例を交えながらくわしく解説してみました。

気になる「顔の骨格」についても、チェックしてみてね。

【体癖別!顔つき一覧】顔の骨格が、人生にめっちゃ影響してた話。(考え方・しゃべり方の特徴)

 

体癖9種(くるみタイプ)を姿勢で見分ける方法

お尻をつかずに体育座りをしてみてください。

こんな感じです☟

開閉型診断1

その姿勢が楽で、全身が緩む人が体癖9種「くるみタイプ」

妙にラクでリラックスできる。

休憩の時に自然とこの姿勢をとっていることも珍しくありません。

なにかを集中して考えている時にも、この形になりがち。

ちなみに、ですので体癖9種は「トイレの中」がもっとも集中できたりもします。

 

➡体癖9種(くるみタイプ

それができずに、後ろに倒れてしまうのが、

開閉型診断2

体癖10種(くりせんべえタイプ)

になります。

 

また眠り方も特徴的です。

  • 布団に丸まり、もぐりこんで眠るのが体癖9種(くるみタイプ)
  • 大の字になって眠るのが➡体癖10種(くりせんべえタイプ)

です。

 

体癖9種(くるみタイプ)の歩き方

親指の内側に重心が乗りやすく、内股気味でサッサッサッと歩く。

内側に力をギュッと圧縮しながら歩きます。

外に力が漏れてゆきません。

どこか忍者っぽい歩き方ですね。

 

 

それでは体癖9種(くるみタイプ)との相性をみていきましょう。

 

体癖9種(くるみタイプ)と相性が良いタイプは?

【恋愛相性が良いタイプ】

➡︎体癖1種(ポッキータイプ)

画像10

本能と直感で突き進む「9種くるみタイプさん」を自分のもってないスピード感に感動しながらも、持ち前の頭脳派の賢さで支え庇いたくなるのが「1種ポッキータイプさん」との相性です。

常にあなたを気にかけて客観的に支えようとしてくれるのが「1種ポッキータイプさん」で「9種くるみタイプさん」はその冷静さと知的純粋性に安心感を抱きやすい相性でしょう。

 

➡︎体癖4種(いかり肩タイプ)

画像11

内に秘めた本音が胃袋反応に感受しやすいのが「4種いかり肩タイプさん」ですが、そのグッと飲み込んだ本音が、本能直感型の「9種くるみタイプさん」と接していると、グッと一気に破裂するように引き出されやすい相性です。

押し込めていた自分でも知らない自分が引き出されていく、本能直感型の「9種くるみタイプさん」に「4種いかり肩タイプさん」はやっぱり気になり、無性に惹きつけられてしまう抜群の相性です。

 

➡︎体癖10種(くりせんべえタイプ)

画像12

骨盤型同士の「10種くりせんべえタイプ」とは、「9種くるみタイプさん」は手に取るように「10種くりせんべえタイプ」がどうしたいのか?どうされたいのか?直感的にくみ取れることが多い相性です。

それゆえ普段は周りを包容し先回りして気配りし頼られやすい「10種くりせんべえタイプ」でも「9種くるみタイプさん」には、自然と甘えて頼りやすい相性になりやすいです。

この相性は骨盤共鳴により広い気持ちで肝心な所で自然と本能的に共感し合える良き相性です。

 

【部下や後輩にすると良いタイプ】

➡︎体癖5種(胸板タイプ)

画像13

➡︎体癖6種(猫背タイプ)

画像14

 

【上司や師にすると良いタイプ】

➡︎体癖1種(ポッキータイプ)

画像10

➡︎体癖4種(いかり肩タイプ)

画像11

 

各体癖とのくわしい相性についてはコチラの記事をどうぞ!

体癖9種×相性|クセが強い!こだわりが強く一点集中、職人肌の9種との相性は?

 

おわりに

体癖9種「くるみタイプ」の解説、いかがだったでしょうか?

お尻がキュッとあがった方は、思いあたる節があったのではないかと思います。

まだまだ書ききれなかったところも多いですが、特に体癖は誰でも複数のタイプを持っています。

これまでいろんな方の体癖をリアルに診断してきて、だいたい3~5つの骨格タイプが共存しているケースが多いですね。

 

体癖をセルフチェックしたい方は、こちらの記事もぜひご覧になってみてください!

簡単5分!体癖セルフチェックシート|○×で体癖を自分でチェックできます

 

動画シリーズも出していますので、こちらもどうぞ!

 

またカラダトでは、「体癖」を診断できるリアルイベントも随時開催しているので、気になる方はいつでもご参加くださいね!

まずは診断アプリで、あそんでみてください☟

 

私はなぜこの顔なの?

私はなぜこの性格なの?

私はなぜみんなと違うのだろう?

「骨格」が分かれば「性格」が分かる

さあ、君の骨格のヒミツを読み解こう!

☟LINEで無料診断 ポチっとはじめる☟

あなたのカラダの秘密、読み解きます

 

骨キャラ診断LINE登録
湘南プレボ